森のうなぎ手焼き蒲焼東西食べ比べセット

丁寧に小骨抜き、森のうなぎ手焼き蒲焼東西食べ比べ2尾セット

販売価格 : 6,000円(税込)
配送方法 : ヤマト運輸(ご購入数が複数の場合、ひとつずつ発注願います。)
購入数 :


丁寧な骨抜きで子供やお年寄りも安心して召し上がれる源流の村育ちの鰻蒲焼

源流の村の廃校施設をフル活用し育て上げた森のうなぎ

岡山県の北東部、鳥取、岡山県に接する西粟倉村(にしあわくらそん)は、人口約1,500名。村の面積の約93%を森林が占める自然豊かな村です。
そんな山深い源流の小さな村で立ち上がった「株式会社エーゼロ 森とつながる」が手懸けるのが、村内の廃校を活用したうなぎ養殖と蒲焼きの加工。養殖場は体育館、蒲焼を作る加工場は給食室を利用しています。
豊かな自然の恵みを受けた森のうなぎは、ほどよい脂と、柔らかな身が特長的でとても上品な味わい。またうなぎ特有の臭みが一切なく、何と小骨を職人が丁寧にピンセットで抜いているので小骨を心配する必要もありません。そのため、うなぎの小骨が苦手な人や、お子様、高齢者の方でもおいしく召し上がることができます。
東西食べ比べセットは蒲焼きを関東、関西風に調理しパック詰めしました。関東風は、蒸す工程が入っているので大変ふっくらとしていて、ほろほろと口の中で身がほどけていくほど、とてもやわらかな仕上がりになっています。
一方関西風は、しっかりとした上品な歯ごたえがあり、ジューシーで噛めば噛むほど滋味深いうなぎのおいしさを味わうことができます。
日本の文化が生み出した東西2種類の調理法の蒲焼き是非食べ比べてみてください。

森のうなぎを食べて西粟倉村の生態系のひとりになる

何故山深い村でうなぎを養殖するのか疑問を持たれる方も多いかと思います。
林業は地道に長い年月、山を管理することによりその恵みである木材が生まれ、西粟倉の人々の生活を支えてきました。しかし地域全体に多様な価値が眠っているなか、村では農・林・水産各産業をつなげ短期で収益が上がるビジネスの創出も必要となりました。
そこで思い浮かんだのが、捨てられている間伐材や木くずを燃料としてうなぎの養殖に活用するアイディア。源流の冷たい水をうなぎ養殖に必要な水温に高め、廃校になった小学校でうなぎを育て、加工し、そして食べていただく。うなぎの糞や餌の食べ残しと栄養分が豊富な排水は野菜の肥料に、水槽の水は濾過循環させ使う。これこそ小さな村で生まれた自然に優しい循環型ビジネスの創出でした。
あなたも森のうなぎを買って食べて、西粟倉の生態系の一人に加わってみませんか。

このページの内容

私たちの3つのこだわり

1 職人によりピンセットで小骨を抜くなど丁寧に処理された極上の蒲焼

森のうなぎは、職人により、一尾一尾丁寧にさばかれ、状態を見ながらじっくり手焼きした後、焼き立てに近い状態で食べられるよう急速冷凍され、お届けしております。その工程で、驚きなのが小骨をピンセットで抜くという作業。まるで高級店のような細やかな職人の仕事が、森のうなぎのおいしさをより一層高めてくれます。
また、森のうなぎのおいしさを引き出せるよう、たれは、試行錯誤を重ね、添加物は一切使わず、醤油、みりん、酒、砂糖のみで作っています。セットに入っている山椒と共に使っていただくと、森のうなぎの旨味をより一層引き立ててくれます。

2 一流のプロからのアドバイスをもとに研鑽される森のうなぎ

森林に囲まれた吉井川源流に位置する西粟倉村の自然の恵みと人の知恵によって生み出された森のうなぎは、その味わいが評価され、現在東京や大阪等の老舗鰻屋や大手百貨店でも取り扱われています。
しかし、評価され取引をしていることに満足せず、それらの店舗のプロのバイヤーや職人から日々意見を聞き、よりお客様に満足していただけるよう養殖技術や加工技術に磨きをかけています。

3 川の水を汚さない循環型うなぎ養殖

うなぎを通じて循環型で、多くの人と生き物が共生できる持続可能な社会を作りたいという思いで、環境に配慮したうなぎの養殖事業を行っています。
そのため川の水を汚さないよう廃校の運動場には、河川が浄化されていく仕組みを応用したろ過装置を設置し、養殖で出た水をほとんど流すことの無い循環型の養殖を行っています。
また、うなぎ養殖で出た残渣はたい肥にし、排水は植物の栄養分をたくさん含んでいるので、その水で野菜や花を育てて販売しています。

美味しい召し上がり方


関東風と関西風それぞれの個性を持った2種類の蒲焼をよりおいしく食べ比べ


より関東、関西風の味に近づけるための一工夫

関東風(蒸しあり)は、湯せんをしてから焼く
‘蕕任湯を沸騰させます。
凍ったまま真空パックを沸騰した鍋に入れて約2分間温めます。
うなぎを真空パックから取り出し、フライパンで皮面を約3分、仕上げに表面を1〜2分、中火で焼いて出来上がり

関西風(蒸しなし)は、電子レンジで温めてから焼く
‥爐辰燭泙淇振パックから耐熱皿にうなぎを取り出します。
耐熱皿にピタッとラップをします。
E纏劵譽鵐検600W)で1分30秒〜2分加熱します。
ぅ侫薀ぅ僖鵑波虧未鯡3分仕上げに表面を1〜2分、中火で焼いて出来上がり


好みによると思いますが、関東で生まれ育った私は蒸してあるふっくらと柔らかい関東風(写真左)が好みでしたが、ジューシーで上品な歯ごたえのある関西風(写真右)も大変おいしく、食べ比べセットは、新たなうなぎのおいしさを知る貴重な体験となりました。
また、今回食べてみて一番驚いたことは、うなぎ嫌いの私の家内が「骨が無くておいしく食べられる!」と言ってくれ、うなぎ好きになったことでした。今まで細かい小骨と特有の臭みでうなぎを苦手としていた妻でしたが、それが一切なくとてもやわらかで、濃厚な味わいが気に入ったようです。ちなみに家内は関西の生まれではありませんが、ジューシーな関西風の方が好みとのことでした。

商品の詳細

商品名 森のうなぎ手焼き蒲焼東西食べ比べセット
内容量または固形量及び内容送料 鰻蒲焼120g×2尾
たれ15ml×2
山椒×4
アレルギー 小麦(醤油に含まれています)
生産地・地域 岡山県
配送方法・配送業者 ヤマト運輸
発送日(目安) 5営業日以内に発送いたします。
保存の方法 冷凍

この商品が気に入ったらぜひシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳選された商品の魅力について
詳しくお伝えします

このサイトについて

全ての商品

TOPへ